住まい手の自由度の高さが魅力

マンションよりも一戸建て。それは、“暮らし”の変化を考えた時に、住まい手の暮らしに寄り添うような家づくりを重視しているからです。年月が経過したとき、家族構成や生活スタイルの変化にも対応できる家が大事です。夫婦での大切な時間、子どもを育てる生活を経て、子どもが独立したとき、その変化を一つの家で楽しめたら素敵なことだと考えます。 完成した家でどのように暮らし、どのように使っていくのか、経年変化の美しさも印象的でしょう。